Poetry

詩と短歌

Home > 詩と短歌 > 前夜 ~ 恐怖と期待 ~

前夜 ~ 恐怖と期待 ~

 

 

 

 

 

神は 何をなさるわけでもない

 

 

昨日も今日も 神は何もなされない

 

 

途方もなく長い間 神は眠り続けておられたのだ

 

 

 

けれど神は 近い未来 ただ真実を明らかにされる

 

ただ真実を明らかにされる

 

それだけ ただそれだけ・・・

 

 

西洋には古くから

時間の経過と共に真実は暴かれるという言い伝えがあるが

その期が熟したのだ

 

 

 

真実は美しいもの

けれどとても恐ろしいことだ

 

 

その朝

わたしは わたしでいられるだろうか

 

 

その朝

わたしがもしカフカの如く毒虫になっていたら

真実のわたしは人間ではなかったのだ

 

 

 

残酷な真実 or 幸福の真実 ?

 

 

 

あまりに美しく そして恐ろしくも尊い

人は絶対的なその存在に すべてを委ねなければならない

 

 

 

 

 

category   date 2020.07.01