Poetry

詩と短歌

Home > 詩と短歌 > 四月の短歌 2019年

四月の短歌 2019年

  • 新車来て七年間の進化知り車はもはや人工知能
  • 病院の待合に見るひと模様車椅子やら松葉杖やら
  • 診察を隣で待っていた婦人入院窓口並ぶ肩落ち
  • 新入りの人柄も良く努力家で皆で安堵すやっと軌道に
  • 紙食べる未年だし山羊座だしお金飛ぶ飛ぶ預金危うし
  • 口下手で思いを伝えられずして声を荒げるしか能がなく
  • 災ひの多き時代の幕引きを願ひ新たな元号を見ゆ
  • 春嵐名残り桜の花のいろ有馬の川に映りて消えて