Poetry

詩と短歌

Home > 詩と短歌 > 無題 ~ 徒然なるままに ~

無題 ~ 徒然なるままに ~

 


 

 

いつ如何に成るのか わたしにはわからない

 

 

けれど

共に還る時 共に無に帰す時

 

枯葉一枚 塵ひとつ残してはいけないと

わたしは固く思い そう願っている

もうずっと昔から・・・

 

 

 

義務でも正義でもない

 

それが愛を受けた者の礼儀であり

恩を返すということ

 

 

輝ける星も 輝けぬ星も共に

魂に愛の記憶をこれでもかとすり込んで

無に帰結する時

無は無でありながら 厚みを増してゆく

 

 

宇宙はこの刹那にも無を成すのかと知れば

こぼれ落ちる愛を両腕いっぱいにかき集めて

 

 

 

あなたにあげる

 

 

 

 

category   date 2019.03.02