Poetry

詩と短歌

Home > 詩と短歌 > 二月の短歌 2018年

二月の短歌 2018年

  • 冬は鍋 香り春菊しゃぶしゃぶと 湯気と頂く今宵も果報
  • 猫柳 赤もあるのね我知らず 花は一生掛かる修道
  • 偏頭痛 顔をしからめ下を向き 帰る空にはまだら雲なり
  • ダイエット 筋トレ三日腰痛に 食い気に走りがっつり太る(涙)
  • 昇給に 喜んだのは良しとして 気重も事実複雑な明日
  • 五十路にて 贈るチョコには恥じらひと 我の執念見え隠れして(怖)
  • AIが 使いこなせぬ将来に 不安を抱く我落ちこぼれ
  • 月満つと 思ふ傍から欠けてきて 気鬱満つ闇今宵新月