Poetry

詩と短歌

Home > 詩と短歌 > 十一月の短歌 2017年

十一月の短歌 2017年

  • ときめきの 新車欲しくて物色す 電気と水素どちらも好かず
  • 親友に 打ち明く話際どくて 彼も驚くギリギリライン
  • 花は色 人は心と諭されて 溢るる涙やうやうぬぐう
  • 魂の 善か悪かも知れずして 我が人生の何を成さんや
  • 師の愛を 今更ながら感じ入り 受ける我が身の打ち震ふ朝
  • ポセイドン 海と地震を司り 神は名ばかりこの世の毒ぞ
  • 初時雨 ワインひと瓶開けるには 寂しさあらば肴はいらず(笑)
  • キャサリン妃 愛を纏ひて三人目 女の美徳積む健気さよ