Blog

ブログ

Home > お知らせ > ドライヤーお灸

ドライヤーお灸

2018.06.01
ドライヤーお灸

300601 ドライヤーお灸 

 

 

お灸が体に良い事は皆んな知っているけれど、

なかなかハードルが高いですよね。

 

そこで手軽に実践できるのがドライヤーお灸。

気になるところやツボにドライヤーの温風をあてるだけの簡単なものです。

 

症状別にツボがあって、今回はそのいくつかをご紹介。

 

 

ストレスで食欲がない時:行間(こうかん)

 

足の甲側で、親指と人差し指の間の付け根

 

イライラなどストレスによって胃腸の働きが弱ってしまう場合があります。

精神的に興奮して熱っぽさがある場合に効果的なツボです。

 

 

 

下腹のぽっこりが気になる時:大横(だいおう)

 

仰向けになり、おへその左右に人差し指から小指までの4本を縦にあてた時、

小指の外側でおへその高さの場所

 

大腸に繋がるツボで、便秘や下痢などを起こしやすい、

腸の働きが弱っている下腹ぽっこりタイプにオススメです。

 

 

 

気になることがあって眠れない時:失眠

 

かかとのふくらみの中央。押すと鈍い痛みを感じる。

 

気持ちを落ち着かせて深い眠りにいざなうツボ。

真夜中に目を覚ましてしまう人や、睡眠中にこむら返りが起きる人にも効果があります。

 

 

 

もしツボが少しずれていたとしても、

広く温熱を与えられるドライヤーなら間違いなくフォローできるのだそう。

 

 

ただ、ドライヤーの風は低温風(50~60℃)に設定し、

お肌から5~10㎝程度離してあててください。

熱いと感じたらすぐに離すこと。

 

 

もし手持ちのドライヤーでお肌の乾燥や肌荒れが気になるなら、

お肌に直接温風があたらない方法を。

薄手の服や下着、タオルの上から温風をあてても構いません。

 

 

粘膜、怪我をしているところ、痛めて熱をもっているところにはあててはいけません。

妊娠中の女性はあてない方が無難です。

また、他人には行わない。

 

 

 

冷えは万病のもと。

毎日少しの工夫で健やかに過ごせたら良いですね(^^♪

 

 

 

川嶋朗先生の『キレイが目覚めるドライヤーお灸』を参照させて頂きました。