Blog

ブログ

Home > お知らせ > 忘己利他

忘己利他

2018.04.15
忘己利他

300415 忘己利他 

 

 

 

私の部屋にいつも置いてある器です。

千日回峰行者でもあられた、故葉上照澄(はがみしょうちょう)大阿闍梨が手ずから焼かれた器です。

母が直々に頂戴しました。

私も幼い頃、母と叔母に連れられて比叡山に度々お参りし、大阿闍梨にお目にかかりました。

あのお出会いが私の大きな救いとなった事は言うまでもありません。

 

 

「忘己利他」と焼かれてあります。

天台宗開祖最澄の山家学生式に述べられているお言葉で、「もうこりた」と読みます。

 

「己を忘れて他を利する」という教えであり、

自分を忘れて(忘己)他者の幸せの為に尽力する(利他)事が

慈悲の究極の姿であるという意味です。

 

 

なかなかできる事ではないけれど、この器に恥じない生き方をしたいと思います。